平成28度財政検証 平成30年度予算 特別掛金について

平成28年度決算について
平成28年度 事業概況

1.加入事業所数 242 5.年金給付(裁定) 件数 178
2.加入員 男子 4,255 金額 92,506,000
女子 1,004 6.一時金給付(裁定) 件数 151
5,259 金額 84,719,300
3.平均報酬標準給与月額 男子 361,621 7.移換金 金額 9,562,829
女子 254,998
平均 341,266 8.年金資産(固定資産) 26,680,388,055
.平均賞与標準給与額 男子 810,935
女子 538,148 9. 年度末年金受給者 人数 2,973
平均 758,857

平成28年度決算
 年金経理は、基金の年金・一時金給付に関する資産を扱う経理です。収益勘定(収入)には、実際の収入と数理上の収入があり、実際の収入は、掛金等収入、中途脱退者の再加入による受換金、政府負担金、信託・生保一般勘定の運用収益等を合計して27億2,531万円。数理上の収入は、別途積立金取崩額で13億9,234万円。
一方、費用勘定(支出)にも、実際の支出と数理上の支出があり、実際の支出は、年金や一時金の給付費、中途脱退者の移換金、受託機関への運用報酬、業務委託費等で13億5,814万円。数理上の支出は、責任準備金(プラスアルファ部分)増加額及び最低責任準備金増加額で28億4,770万円。この結果,8,820万円の当年度不足金になりました。
 この主な原因は、基金の運用利回り(5.18%)が国の運用利回り(5.47%)に比べ、0.3%程負けたことによるものです。
損  益  計  算  書 貸  借  対  照  表
(平成28年4月1日〜平成29年3月31日) (単位:千円) (平成29年3月31日現在) (単位:千円)
費 用 勘 定 収 益 勘 定 資 産 勘 定 負 債 勘 定
科  目 決 算 額 科  目 決 算 額 科  目 決 算 額 科  目 決 算 額
年金給付費 1,122,953 掛金等収入 1,337,816 現金 0 未払運用報酬 51,978
一時金給付費 87,107 受換金 5,819 預貯金 1,347 未払業務委託費等 13,500
移換金等 13,215 政府負担金 75,064 未収掛金 204,127 預り金  0
信託報酬等 106,072 運用収益 1,306,524 未収受換金 0 未払給付費 291,809
業務委託費等 27,509 費用計上超過額 58 未収政府負担金 24,313 未払移換金 0
収益計上超過額  418 業務会計からの
受入金
 26 信託資産 24,634,388 責任準備金(プラスアルファ部分) 5,711,429
不納欠損  0   別途積立金取崩額 1,392,335   保険資産 2,046,000   最低責任準備金 20,379,657
責任準備金(プラスアルファ部分)増加額 1,861,222   当年度不足金 88,198   当年度不足金 88,198   別途積立金
550,000
最低責任準備金増加額 986,481              
4,205,840
4,205,840 26,998,373
26,998,373