ご加入のおすすめへ戻る  厚生年金基金とは 基金のメリット 年金給付で見たメリット 退職金との調整

年金制度の概要

 わが国の公的な年金制度は、下の図のとおりです。
 
全国民に共通した「国民年金(基礎年金)」、被用者年金「厚生年金・各種共済年金」、企業年金(厚生年金基金・税制適格退職年金・中小企業退職共済年金・確定給付企業年金・確定拠出年金)の3階建ての体系になっています。このうち、国民年金・厚生年金・共済年金は強制加入、その他は任意加入です。

国民年金(第1号被保険者) 自営業者等が加入
国民年金(第2号被保険者) 厚生年金保険・共済年金の加入者が加入
国民年金(第3号被保険者) 第2号被保険者の被扶養配偶者が加入
厚生年金保険 サラリーマンや船員が加入(但し、5人未満の事業所等適用除外有り。)
共済年金 国家公務員・地方公務員・私立学校教職員が加入(運営は共済組合)
国民年金基金 国民年金(第1号被保険者)が任意に加入(運営は国民年金基金)
付加年金 国民年金(第1号被保険者)が任意に加入(運営は国)
厚生年金基金 厚生年金保険の加入事業所が任意に加入(運営は厚生年金基金)
 事業所が基金に加入したときは、その事業所で働いている人全員が基金に加入することになります。(厚生年金保険非適用者を除く。)
適格退職年金・中退共 中小企業の事業所が任意加入
確定給付企業年金 厚生年金保険の加入事業所が任意に加入
確定拠出年金(企業型) 厚生年金保険の加入事業所が任意に加入(掛金は全額事業主負担)
確定拠出年金(個人型) 国民年金(第1号被保険者)及び企業年金のない企業の従業員が任意に加入