事務的なお知らせ 法律改正等のお知らせ 年金受給者等へのお知らせ 退職される方へのお知らせ

基金掛金率の変更 在職年金の支給停止 脱退一時金相当額のポータビリティ 年金の離婚時分割・繰下げ支給等

 中途脱退者及び再加入者の年金・一時金に係るポータビリティについて ( 平成26年4月1日施行 )


 当基金は、退職時の年齢60歳未満でかつ加入期間10年未満で退職した方の年金の原資を企業年金連合会に移換しておりましたが、平成26年4月以降は、厚生年金保険法の改正によりまして移換できなくなり、基金で保管し将来年金として基金から受け取られるようになりました。
 脱退一時金相当額 (加入期間3年未満又は脱退一時金を受けた方を除く) の原資は従来通り、ご本人の選択により企業年金連合会、確定給付企業年金や確定拠出年金に移換できます。企業年金連合会に脱退一時金相当額を移換された方が、当基金に再加入された場合は、ご本人の選択により、企業年金連合会から退職時に移換した一時金の原資を受換できます。
 

( 中途脱退者 )
(1) 基金加入期間が3年未満かつ60歳未満の中途脱退者
基本年金の原資 基金で保管(基金から将来年金として受給)。
脱退一時金相当額 なし。
(2) 基金加入期間が3年以上10年未満かつ60歳未満の中途脱退者
基本年金の原資 基金で保管(基金から将来年金として受給)。

脱退一時金相当額
@ 脱退一時金を選択。
A 企業年金連合会へ移換 (通算企業年金)
B 確定拠出年金・確定給付企業年金へ移換

(注) 選択しないで1年を経過すると連合会へ移換されます。
@ 退職時又は退職から1年以内に選択する。
A 退職時又は退職から1年以内に選択する。
B 退職から1年以内に選択する。
(3) 基金加入期間が10年以上又は60歳以上の中途脱退者
    基金から年金が支給されますので、年金・一時金の原資は基金で保管しています。
( 再加入者 )
(1) 企業年金連合会に基本年金の原資だけを移換している再加入者
基本年金の原資 基金に移換するかどうかは、本人が選択。 再加入から3月以内に選択する。
(2) 企業年金連合会に基本年金の原資及び脱退一時金相当額を移管している再加入者
基本年金の原資 基金に移換するかどうかは、本人が選択。 再加入から3月以内に選択する。

脱退一時金相当額
基金に移換するかどうかは、本人が選択。
ただし、他基金等の脱退一時金相当額が連合会に移管されている場合は、脱退一時金相当額を移換できません。
再加入から3月以内に選択する。
※ 企業年金連合会へ脱退一時金相当額を移換する場合は、企業年金連合会へ移換した一時金相当額に、当基金分のほか、他の基金や他の企業年金から移換された脱退一時金相当額がある場合は、当基金加入事業所に再就職しても、既に連合会に移換した脱退一時金相当額を当基金に戻すことができませんのでご注意ください。
 
(3) 企業年金連合会に脱退一時金相当額だけを移管している再加入者 ( 平成26年4月以降喪失者 )
基本年金の原資 退職時、基金で保管済み(基金から将来年金として受給)。

脱退一時金相当額
基金に移換するかどうかは、本人が選択。
ただし、他基金等の脱退一時金相当額が連合会に移管されている場合は、脱退一時金相当額を移換できません。
再加入から3月以内に選択する。
※ 企業年金連合会へ脱退一時金相当額を移換する場合は、企業年金連合会へ移換した一時金相当額に、当基金分のほか、他の基金や他の企業年金から移換された脱退一時金相当額がある場合は、当基金加入事業所に再就職しても、既に連合会に移換した脱退一時金相当額を当基金に戻すことができませんのでご注意ください。