基金の規約へ戻る 宿泊補助 結婚祝金 出産祝金 就学祝金 死亡弔慰金


  厚生年金基金の福祉施設事業 

 当基金は、平成301125日をもって解散し、後継制度へ移行する予定で事務を進めております。これに伴い、福祉施設関係の給付は平成309月末までとし、10月末日までに基金に請求していただいたものを1120日までに支払う予定とさせていただきました。

福祉施設関連規程には、「契約保養施設利用補助規程」「契約保養施設利用補助規程細則」「結婚祝金支給規程」「出産祝金支給規程」「就学祝金支給規程」「死亡弔慰金支給規程」の6件ございますが、いずれも平成30222日付けをもって廃止させていただきました。

但し、給付金につきましては経過措置を設け、契約保養施設利用補助は、平成30930日までに施設を利用された方、「結婚祝金」「出産祝金」「死亡弔慰金」は、平成30930日までに結婚・出産・死亡された場合であって、平成301031日までに基金に請求された方、「就学祝金」は、平成30年度に小学校に入学された子供であって、平成301031日までに基金に請求された方についてお支払いすることとしました。

 情報通信設備厚生年金基金では、皆様の健康増進と福祉の充実を図るため次の様な福祉施設事業を行っております。
  ・基金の契約保養施設を利用されたときに宿泊費用の一部を補助します。
  ・結婚祝金、出産祝金、就学祝金、死亡弔慰金を支給します。


 1、契約保養施設の宿泊補助

 加入員とその被扶養者及び年金受給者とその配偶者の保養と健康づくりに役立てていただけるよう、企業年金連合会施設、厚生年金事業振興団保養施設、全国国民年金福祉協会施設、船員保険会保養施設、グリーンピア関連ホテル、パストラル関連ホテル等の公営保養施設及び近畿日本ツーリストと保養施設契約を結んでいます。 ( 平成24年4月1日をもって、JTBとの団体契約が終了します。)
 利用できる公営の保養施設につきましては、事業所宛に「契約福祉施設案内(東京都総合厚生年金基金協議会)」を送っていますのでご覧下さい。
 これらの契約保養施設をご利用された場合には、利用者1人1泊につき 2,500円(年間4泊まで)の利用補助を行います。 
 なお、利用補助は宿泊料金支払時またはクーポン券購入時に宿泊料金から減額します。利用後に基金に直接請求することはできませんので、ご注意下さい。

  詳細は、次のとおりです。

宿泊補助の対象者  加入員とその被扶養者及び年金受給者とその配偶者。
利用回数の限度  4月1日から翌年の3月31日までの1年間に、宿泊補助の対象者1人4泊まで。
利用制限等  事業所の主催する社員旅行は利用補助を受けることができません。
 3歳未満の子は利用補助を受けることができません。
 利用料金が利用補助金に満たない場合は、利用料金を上限とします。
 宿泊補助の対象となる施設は、日本国内にある施設です。
 (海外旅行は除きます。)
被扶養者等の利用  被扶養者等が利用する場合は、健康保険証等を添付して下さい。


 2、結婚祝金

 加入員及び加入員であった方が結婚された場合に、結婚祝金(2万円)を支給します。

支給要件 1.加入期間が1年以上ある加入員が結婚したとき。 
2.加入期間が1年以上あって、加入員資格喪失後6ヶ月以内に結婚したとき。


 3、出産祝金

 加入員又は加入員の配偶者及び加入員であった方が出産された場合に、出産祝金(1万円)を支給します。 

支給要件 1.加入員又は加入員の配偶者が出産したとき。 
2.女子加入員が資格喪失後6ヶ月以内に出産したとき。


 4、就学祝金 

 加入員の子が小学校に入学した場合に、就学祝金(1万円)を支給します。

支給要件

加入員の子が小学校に入学したとき。 

 
 5、死亡弔慰金 

 加入員の方が死亡された場合に、遺族又は埋葬を行われた方に死亡弔慰金(3万円)を支給します。

支給要件

1.加入員の方が死亡したとき、その遺族(配偶者、子、父母)に支給します。 
2.上記の遺族がいないときは、埋葬を行われた方に支給します。    


 6、その他

 
これらの福祉施設事業は事業主の負担する事務費掛金で運営されています。
 各種請求用紙は事業所宛に送付していますので、必要な方は事業所の社会保険担当者に申し出てください。