給付の概要へ戻る 年金等給付 第1種退職年金 脱退一時金 選択一時金 遺族一時金

第2種退職年金

第2種退職年金は、「基本年金」が支給されます。

支給要件 基本年金支給期間
加入期間1ヶ月以上3年未満の人が60歳以上で退職したとき
加入期間1ヶ月以上10年未満の人が60歳未満で退職したとき

加入期間1ヶ月以上の人が在職中に老齢厚生年金の受給権を取得したとき
65歳から終身(生年月日により60歳から64歳の経過措置あり)
65歳から終身(生年月日により60歳から64歳の経過措置あり)、なお、この場合の基本年金は企業年金連合会から受けることになります。
老齢厚生年金の受給権を取得したときから終身(在職中は支給停止あり)
 在職中に第2種退職年金を受給している人が65歳に達したときは、年金額を再計算します。但し、65歳に達したときに加入員期間が3年以上ある人は、65歳からは第1種退職年金に変わります。


年金額の計算式

平成15年3月31日以前 平均標準給与月額×7.225/1000×加入期間(月数)
平成15年4月1日以降 平成15年4月1日以降の平均標準給与額×5.558/1000×加入期間(月数)
 平成15年4月1日以降の平均標準給与額とは、平成15年4月1日以降の報酬標準給与月額の合計(A)と賞与標準給与額の合計(B)を加えた額を、平成15年4月1日以降の加入月数(C)で除した額です。
  平均標準給与額 = [(A)+(B)]÷(C)
給付乗率(7.225/1000・5.558/1000)は、生年月日による経過措置があります。(別表2)


年金額の計算例

(1)60歳で退職。平成15年3月31日以前の加入期間1年、平均標準給与月額35万円。平成15年4月1日以降の加入期間1年、報酬標準給与月額の平均35万円、賞与標準給与額の合計126万円(3.6ヶ月分)。
基本年金 350,000円×7.225/1000×12月=30,348円
(350,000円×12月×1年+126万円)÷12月=455,000円
455,000円×5.558/1000×12月=30,348円
30,348円+30,348円=60,696円=60,700円   
 基本年金額(年額) 60,700円 
(参考) 基金未加入の人の年金額 59,900円 基金加入による増加額(年額) 800円
 但し、基金の基本年金は加入員期間が1ヶ月以上あれば終身にわたり支給されますが、厚生年金は原則として25年以上の被保険者期間がなければ支給されません。
(2)50歳で退職。平成15年3月31日以前の加入期間4年、平均標準給与月額35万円。平成15年4月1日以降の加入期間4年、報酬標準給与月額の平均35万円、賞与標準給与額の合計504万円(3.6ヶ月分)。
基本年金 350,000円×7.225/1000×48月=121,392円
(350,000円×12月×4年+504万円)÷48月=455,000円
455,000円×5.558/1000×48月=121,392円
121,392円+121,392円=242,784円=242,800円 
 基本年金額(年額) 242,800円 
(参考) 基金未加入の人の年金額 239,400円 基金加入による増加額(年額) 3,400円
 この基本年金は、65歳(生年月日による経過措置あり。)から終身、企業年金連合会から支給されます。
 また、加入期間が3年以上ありますので、基本年金とは別に退職時に脱退一時金(352,000円)が支給されます。なお、脱退一時金は他の企業年金制度へ原資を移換し、年金として受けることもできます。
(3)63歳在職中に老齢厚生年金の受給権を取得。平成15年3月31日以前の加入期間10年、平均標準給与月額35万円。平成15年4月1日以降の加入期間20年、報酬標準給与月額の平均35万円、賞与標準給与額の合計2,520万円(3.6ヶ月分)。
基本年金 350,000円×7.225/1000×120月=303,480円
(350,000円×12月×20年+2,520万円)÷240月=455,000円
455,000円×5.558/1000×240月=606,960円
303,480円+606,960円=910,440円=910,500円 
 基本年金額(年額) 910,500円 
(参考) 基金未加入の人の年金額 897,800円 基金加入による増加額(年額) 12,700円
 この基本年金は、65歳(生年月日による経過措置あり。)から終身、当基金から支給されます。
 なお、加算年金(214,200円)は、当基金に加入している間は全額支給停止になります。
(注)・上記の計算例は、昭和21年4月2日以降に生まれた人の例です。
   ・「基金未加入の人の年金額」の計算は、厚生年金保険法の本則に基づき計算しています。


別表第2      基本部分の生年月日別給付乗率表 (平成15年4月1日以降) (平成15年3月31日以前)
 昭和2年4月1日までに生まれた者 1000分の10.1  1000分の10.1
昭和2年4月2日から昭和3年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.96 1000分の 9.96
昭和3年4月2日から昭和4年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.82 1000分の 9.82
昭和4年4月2日から昭和5年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.68 1000分の 9.68
昭和5年4月2日から昭和6年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.54 1000分の 9.54
昭和6年4月2日から昭和7年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.41 1000分の 9.41
昭和7年4月2日から昭和8年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 9.27 1000分の 9.27
昭和8年4月2日から昭和9年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 7.031 1000分の 9.14
昭和9年4月2日から昭和10年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.931 1000分の 9.01
昭和10年4月2日から昭和11年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.838 1000分の 8.89
昭和11年4月2日から昭和12年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.738 1000分の 8.76
昭和12年4月2日から昭和13年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.646 1000分の 8.64
昭和13年4月2日から昭和14年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.546 1000分の 8.51
昭和14年4月2日から昭和15年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.454 1000分の 8.39
昭和15年4月2日から昭和16年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 6.055 1000分の 7.871
昭和16年4月2日から昭和17年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 5.967 1000分の 7.757
昭和17年4月2日から昭和18年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 5.879 1000分の 7.643
昭和18年4月2日から昭和19年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 5.799 1000分の 7.539
昭和19年4月2日から昭和20年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 5.718 1000分の 7.434
昭和20年4月2日から昭和21年4月1日までの間に生まれた者 1000分の 5.638 1000分の 7.330
 昭和21年4月2日以降に生まれた者 1000分の 5.558 1000分の 7.225